セックスレス回避でいつまでも仲良しカップル!

セックスレス回避したカップルの画像

最近では若い男女のカップルでもセックスレスという悩みを抱えているそうです。一昔前までセックスレスといえば熟年夫婦のイメージでしたが、今はそのようなことも無いようです。せっかくの若く楽しい時期です、無駄な悩みは解消しましょう!

セックスレスになる前に男女で使えるバイアグラを使用

ED治療は元より、男女の性交渉の刺激として「バイアグラ」を利用することは可能です。バイアグラと言えば「勃起しない人が強制的に勃起させるために使う薬」という認識が一般的ですが、必ずしも勃起不全の症状がある人しか使用できないと言う訳ではありません。その効果によって「ペニス増大効果」にも一定の期待が持てると言う理由や、パートナーとのセックスライフを充実させる目的で使用されることもあります。

男性用・女性用で区別されている場合があるものの、「男女兼用で利用出来るバイアグラ」を使用することで通常よりも充実したセックスを行えるようになると言った効果が期待できることから、特に男性機能が衰え始めている熟年夫婦にとっては非常に重宝されています。

もし、男性が「ED」を理由にパートナーとの性交渉に消極的になってしまった場合、そのままセックスレスになる可能性が高くなります。現状、パートナーとの関係を破たんさせてしまう大きな要因となるセックスレスは、離婚に繋がることも多い非常に重大な問題です。男女ともに積極的にセックスに臨める環境が無ければ解決することが難しい以上、「共通認識の下でセックスに対する認識を改める」という意味では非常に大きな効果が期待できる方法です。

仮にED気味であったとしても、バイアグラを使用することで「いつも以上に元気な状態」を意識して気に維持することが出来る様になります。男性にとっては自尊心を回復させる要因となりますし、女性にとってもパートナーへの信頼を回復させる良い効果が期待できます。バイアグラに頼ることなく解決できればそれに越したことはありませんが、もしも悩みが解消できない場合は「起爆剤」として用いることは検討の余地があります。

セックスレスの原因は男性にある?EDの悩み

「セックスレスになる原因」は一つではありませんが、中でも比較的頻度の多い原因となるのが「男性のED」です。男性にとっては非常に重大な問題であるEDですが、その症状を引き起こす原因は「むしろ女性側にある場合」が非常に多いことを覚えておきましょう。

男性がEDに陥る原因として、「極度のコンプレックスやトラウマ」が大きな要因です。過去に女性を満足させることが出来なかったと言う主観的な原因はもちろんですが、直接的に女性から不満を打ち明けられた時のストレスが原因でEDになってしまうと言うことは良くあります。

EDを引き起こす要因の内、医学的に分類すると「心因性」のものが多い理由の一つに、「女性が男性を過大評価し過ぎている」という状況があります。男性は常に元気で女性の希望を叶えてくれると言う幻想的な認識が引き金となった結果、男性に必要以上の負担を強いてしまうことでEDを発症する可能性がある為、女性は「男性の勃起のシステム」や「性交渉における男女の役割」などをしっかりと学習することが必要です。

もし、男性側のEDが原因でセックスレスになってしまっている場合、男性にのみ改善を強要するのではなく、また男性を見捨ててしまうのでもなく「一緒になって状況改善に取り組む」と言うことが重要です。すでに書いた通り、男性がEDに陥る原因の中には「女性からの心無い対応」が含まれていると言うことを自覚し、もしも問題が発覚した場合には「一緒に解決していこう」と男性に寄り添っていける様にしましょう。

その際、半ば強制的な方法にはなってしまいますが「ED治療薬を使用する」という方法は非常に効果的です。男女兼用で使用できるものであれば、パートナー共々新しい世界を知るきっかけにもなります。

セックスレスには媚薬が効果?医薬品の媚薬について

貴方はセックスしていますか?結婚してお子さんが生まれてからセックスレスになった話は良く耳にします。先進国で結婚相手やカップルのセックス頻度を調査した結果、日本は最下位という結果も出ているようです。では、なぜセックスレスになるのか。それとセックスした方が良いのかという問題についてお話したいと思います。

セックスレスになる原因は、男性目線ならパートナーが妊娠や出産、育児などで生活に追われてしまい、そういう気分になっていない→当然夜の誘いは断られる→次回から誘う勇気がなくなってくる。というパターンが多いですね。次に女性目線だとどうなるでしょうか。仕事で夜遅くに帰ってくる夫、平日の夜は翌日の仕事に備えて早く眠りたいのでパス。週末金曜日の夜は付き合いで飲みに行ってしまう、等いろいろありますが、男女共に連れ添う期間が長くなる程に性の対象にならなく感じる方が多いのも原因かもしれませんね。

加齢などによって性欲の減退が原因となることもありますが、やはり精神的な要因がセックスレスには多分に関係していることが推察されます。セックスした方が良いのかという設問に対しての答えはYESです。精神的な安定は基より、やはり夫婦円満の秘訣は裸で体と心のスキンシップが重要です。

ここで医薬品の媚薬についてお話したいと思います。バイアグラの中には女性用バイアグラともいわれるラブグラという薬があります。バイアグラと同じ主成分のクエン酸シルデナフィルを含んでいます。その作用により、体内の血液の流れを良くし、膣内の潤いを増加させるので性交時の女性の感度を上げます。その効果が媚薬として扱われています。最近では男女兼用の媚薬も発売されており、セックスレス解決のキッカケにもなるかもしれません。「同僚に貰ったから試してみない?」と奥様を誘い、男女兼用の媚薬であれば奥様も安心して使用できますし、媚薬を飲んでしまったというプラシーボ効果も期待出来るかも知れません。媚薬というものは100%効果が期待できるわけでもありませんが、お互いに合う媚薬もあるでしょうから、いろいろ試してみるのも良いですね。男女兼用の媚薬を使ってセックスレスを改善しましょう。

■パートナーとの素敵な夜に媚薬を利用してみましょう
媚薬の購入は通販サイトで!